FC2ブログ

プロフィール

静岡英和学院大学
静岡英和学院短期大学部
クラブサークル活動のブログです。

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

★楷書 古典五種★

DATE:2009/06/13(土) 06:00 CATEGORY:書道サークル

090611_1924~01

おはようございます♪

書道同好会です☆

もう6月中ごろに入りましたね。

毎月あっという間に時がたつように感じます。

つい先日梅雨入りしましたが、湿気のジメジメには負けずに、心は晴天で前向きに頑張りたいですね。

さて、11日の木曜日は、滝口先生から、楷書の様々な表現と楷書の歴史、古典五種を学び、様々な書風があることを知りました!

ブログの1番前に添付した人の形のような石碑のレプリカも古典五種のひとつです。

文字に注目していただきたいのですが、

090611_1925~01

090611_1925~02

上記の写真の字からは厳正された知的な味わいが感じられます。

漢字には、力強い文字や繊細で知的な文字など様々な表現があります。

現代の生活の中で、新聞などの活字やパソコンの文書の書体などからも様々な字形があることが実感できますよね。

もともと色んな字形のはじまり、漢字の発祥の地は中国でした。

漢字は世界で歴史がもっとも長く使用者も多い文字のようです。
世界文化の発展にも深い影響を与えました。

漢字のはじまりは甲骨文字からだといわれています。
当時は占いとして用いられていました。

甲骨文字から、隷書という新しい筆画システムができ、平たい字形が現れ、やがて、私たちにもなじみ深い楷書が誕生し、漢字が変化し安定するようになったようです。

つまり、漢字は象形文字を基礎に形成文字を主体とする表意文字システムが確立し成り立っているようです。

1文字から意味が取れるなんて、なんて素晴らしい文字なんでしょう。

11日の活動について、レポートいたします♪

書道史上の神とも呼ばている顔真ケイの書体を意識してお稽古してきました。

漢字は先週ご紹介した書の基本!

永字八方の『永』です!

090611_2014~01

気分は、武士になったような凛々しい気持ちで書きました。笑

090611_1959~02

こころを落ち着かせて筆を持ち、紙にむかう。

夢中になってしまいました。

書をやっていて本当よかったって思います。

090611_2013~01


アートな雰囲気が漂っています。

090611_2014~02

Beauty!!

090611_1959~01

建中告身帖!面白い!!

書体から時代を知れたり、時代の背景や人柄も見え隠れしているように思いました♪

自分に合う古典作品を知っていきたいです★

長々読んでいただきありがとうございます!

次回は6月25日(木)18時からN303で滝口先生のお稽古が受けられますので、興味のある方は是非!!

| ホーム |

 BLOG TOP